上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さてさて、個展もあとこの週末を残すのみとなりました。
本当に始まるのかさえ危ぶまれましたが、始まってみると本当にあっという間です。

個展の様子はお伝えしていたものの、よく考えたら肝心の原画をほとんどご紹介していなかったっていう…(汗汗汗)
今回の展示の為の書き下ろしは計5枚で、全てアノニモ島の風景となっております。

まずはDMに使われたイラストですね。以前からキッチュな観光ポストカードが好きでよく集めているのですが、まさか自分で描くことになるとは思いませんでした。

anonymo1.jpg

アノニモ島の中央広場(左)、アネモネの丘(右上)、アブギビーチ(右下)の風景となっております。
今更ですが、そもそも「アノニモ」とはギリシャ語で「名のない」という意味です。
会場となっている手紙舎はこの中央広場という設定です。残念ながらロバはいません。

anonymo2.jpg

広場内にあって、キオスクに隣接するのが「カフェアポロン」
歴史あるこのカフェは人気がある割に店主が暇そうです。
服装からして秋口だからですかね…。

anonymo3.jpg 

アノニモ島の玄関、グラロス港。「グラロス」はギリシャ語でカモメを意味します。
つまり「カモメ港」。なんともなめた名前ですね。
よく見ると島に一台しかないバスも停まっています。

anonymo4.jpg 

そしてアポロン神殿。ギリシャには様々な神様を祀った神殿がありますが、ここでは芸術の神様、アポロンを祀っております。私も後でお祈りに行こうっと。

kiosk_pegasus.jpg

そして前にもご紹介しましたが、
この島の一番のミステリアススポット「倒れたペガサス像」です。
荒野に朽ち果てたペガサスの大理石像、これがどこからきたのかはいろんな憶測を呼んでいますがいまだ解明されていません。
このペガサス像が、アノニモ島のシンボルとなっていて、ロゴにも使われている訳ですね。

さぁ、以上5枚ですがこのふかふかの原画を見に、ぜひ会場にお越しくださいませ。

こちらの5枚はアノニモ島のポストカードセットとしても販売されています。

anonymo_postcard.jpg

その他にも今までに描いたギリシャの風景画も展示してあります。

IMG_3758.jpg R0021347.jpg R0021388.jpg 

これらはもう原画を見るラストチャンスかもしれません。

明日、最終日はアノニモ島の広場で行われている(という設定の)蚤の市も開催されます!
そのラインナップは、

antiques educo(古道具・古家具)
tomoedo(アンティークファブリック)
Petit Musee
(フランスの古い紙)
Mitte(ヨーロッパ雑貨)
まめ百花(うつわ)
パントマイミスト金子慎平(大道芸)

となっております。
こんな架空の島イベントにありがたくも乗って下さった方々、本当に感謝致します。
パントマイムもとっても楽しみです。

私もギリシャのものを中心に、ついつい手元に集まってしまう紙ものを詰め合わせにして参加しようと思います。コラージュ、スケッチ素材に使えること間違いなし!紙好きの皆さんどうぞお見逃しなく!

masunouchi_kamimono-2-490x3.jpg

スポンサーサイト
先日の日曜日、無事個展終了致しました。
最終日には、蚤の市イベントもあってたくさんの方にご来場頂きました。アノニモ島へお越し頂いたみなさま、誠にありがとうございました!!

しばらくこの個展にかかりっきりだった為に終わったとたんに燃え尽き気味ですが、翌日はその搬出と打ち上げにまた手紙舎へと赴きました。打ち上げは手紙舎のつつじヶ丘本店でのお食事というなんとも豪華♡
そこで料理長である町田さんが用意してくれたものがあまりにも感動的だったので、ちょっとみなさんにもお裾分けできたらと思います。

すごいですよ。見る前に心の準備をして下さいね。
なんとなんと…


anonymo_uchiage.jpg


アノニモ島フォカッチャ!!!
すごい〜〜〜すごすぎる〜〜〜〜(泣泣泣)

右手はアネモネの丘に合わせてカラフルに。
真ん中下はグラロス港があるのでシーフード。
真ん中上はいわずと知れたペガサスが。
左手はゴルゴン岬に合わせてゴルゴンゾーラチーズが!
なんとも粋すぎるこの計らいに、出てきた時は私も
思わず歓声を上げてしまいました。

どうぞ実際のマップと見比べて下さい。

map-490x348.png

見た目だけでなく、お味もとってもおいしかったです。
特にゴルゴンゾーラとイチジクのフォカッチャはそのあまじょっぱい感じがたまりませんでした。
ペガサスも遠慮なくもっしゃもっしゃ食べさせて頂きました。
合掌。

改めましてこの個展を支えて下さった皆様、お越し下さった皆様、本当にありがとうございました。

さて再来週はいよいよ恒例のmak展。
制作時間の関係上、アノニモ島の原画はmak展にも持っていくことにしたので、今回見逃した方もご安心を。
また、個展にはなかった作品も展示しますので、個展にお越し下さった方ももちろん大歓迎です!

ではまた後ほど、mak展の詳細お伝えしますね。

直前のお知らせになってしまいましたが、来週の月曜日から恒例のグループ展、mak展が銀座月光荘にて始まります。個展を見逃した方もそうでない方も、ぜひぜひお越し下さいませ。

mak2015_omote.jpg

mak2015_ura.jpg 

mak展15 - かつまたまゆみ・升ノ内朝子・玉石佳世イラストレーション三人展 -
会期:2015年3月23日(月)〜29日(日)
時間:11:00〜18:30(最終日は16:00まで)
会場:月光荘画室2 東京都中央区銀座8-7-18 1階
電話:03-3573-5605(会場)03-3572-5605(画材店)

昨日からいよいよ恒例のmak展が始まりました。
個展「KIOSK」でのアノニモ島の風景はさらに新作3枚を追加しました。中央広場,アネモネの丘、アブギビーチがそれぞれ一枚の絵となっています。
それから「本の旅人」や去年一年担当した「まいにちロシア語」の原画を展示しています。

今日(3月24日)と27日は残念ながら会場に行くことはできませんが、その他の日は終日在廊していますので、お越しの際はどうぞお気軽に声をかけて下さい。

5252.jpg

ちょっと昨日は写真を撮るタイミングがなく、、搬入中のものですがまた明日改めて会場の様子をお知らせしますね。

ではでは皆様のお越しを心よりお待ちしております。

今日は只今開催中のmak展の様子をご紹介します。

今更ですが入り口から。薄紫の旗が目印です。

mak15_1.jpg

今年から看板が変わりました。

mak15_8.jpg

中へ入ります。

mak15_2.jpg 

今年のメインスペース担当は玉石佳世さんです。
淡く艶のある女子がいっぱい出てきます。

mak15_12.jpg

奥へ進むと、

mak15_13.jpg

かつまたまゆみさんの子育て漫画がずらり。
毎年お子さんの成長を見てほのぼのします。

mak15_16.jpg

そして私のスペースになります。
手紙舎の時の展示とはまた違って見えますね。
絵がメインなのでコンセプトがわかりやすいかもしれません。

mak15_17.jpg

こちら個展用に追加した広場の遠景の絵。中心にはキオスクやモニュメント、右手に豪華な朝食で有名なホテル・ガリーニ、左手にはアポロンカフェが見えます。
宝くじ売りや、ギター弾きなどもいますのでぜひ探してみて下さい。

mak15_18.jpg


こちらアネモネの丘と、アブギビーチもそれぞれ一枚の絵となりました。

mak15_21.jpg

mak15_22.jpg

mak15_5.jpg


そして今回も地図があります。
お客さんに指摘されたのですが、形はちょっとオーストラリアっぽいですね。

mak15_7.jpg

調布かるたやグラニフとのコラボTシャツも販売はしていませんが、ぜひ現物を見てみて下さい。
アノニモ島の観光マップやポストカードセットは手に取って買えるラストチャンスかもしれません。
どうぞお見逃しなく!

続きまして「本の旅人」の原画です。今回はお得意の雪山から、室内の絵もあります。

mak15_9.jpg

mak15_10.jpg

「まいにちロシア語」からは2点の原画。
始まりとなった春の風景と、いつもとは違った画法が気に入っている、オーロラの絵です。

mak15_19.jpg

残念ながら今回新作はないのですが、グッズも少し取り揃えております。
アノニモ島のロゴスタンプはご自由に押して頂けます。

mak15_20.jpg

ポストカードも例年通りふんだんに取り揃えております。

mak15_3.jpg

…とまぁこんな感じですね。
今日(金曜日)はちょっとお休み頂いてますが、週末は終日在廊しています。
皆様のお越しを心よりお待ちしております!

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。